Slider Image

各種基礎・地下構造物の解析

杭基礎の地震時変形・構造部材応力解析

FLIP ROSE 2Dによる液状化地盤中の杭基礎の解析です。
大型せん断土槽を用いた杭基礎の模型振動実験のうち、杭基礎C(鋼管杭)を対象として、液状化地盤中の杭基礎の地震時挙動を「杭-地盤相互作用バネ」を用いた2次元モデルに還元して解析しています。

クリックで詳細表示

FLIP ROSE2Dによるシミュレーション動画

FLIPコンソーシアムの杭軸挙動方向ワーキンググループにて行ったFLIP ROSE 3Dによる3次元解析事例です。杭の強制押込み解析により、杭軸方向の全体的な荷重変位関係や、杭先端およびその周辺の地盤の局所的な変形状況が明らかにされました。
平成25年度研究成果報告書【杭軸方向挙動WG】を参照

クリックで拡大表示


FLIP ROSE3Dによるシミュレーション動画

浅い基礎の地震時変形解析

4階建てのRC構造物が基礎地盤の液状化に伴って沈下する挙動を解析した例です。 単独の場合に比べて近接した別の構造物がある場合、その影響がどのようなものかなどの複合的な挙動も解析できます。
参考文献の紹介ページへ

クリックで詳細表示

FLIP ROSE2Dによるシミュレーション動画

深い基礎(ニューマチックケーソン基礎)の地震時変形解析

1995年兵庫県南部地震における神戸大橋の被害状況の解析事例です。FLIP ROSEプログラムを用いて橋梁の基礎に関する地震時変形解析を行うことが可能です。

参考文献の紹介ページへ

地下構造物の地震時変形・構造部材応力解析

直径0.4m、深さ0.4mに埋設された管路が地盤の液状化に伴って浮き上がる状況をFLIP ROSE 2Dを用いて解析しました。
その他の地下構造物・埋設物の解析事例は以下の資料を参照してください。
FLIP研究会14年まとめ(事例編) 3-8-1~3-8-3 を参照
クリックで詳細表示

FLIP ROSE2Dによるシミュレーション動画

公益財団法人 鉄道総合技術研究所にて実施された開削トンネルの浮き上がりの振動実験をFLIP ROSE 2Dの排水(透水)解析で再現解析を行った例です。

クリックで拡大表示

FLIP ROSE2Dによるシミュレーション動画

〒604-0844 京都府京都市中京区御池通東洞院西入仲保利町185 時事通信社ビル5階
TEL 075-253-1240  FAX 075-253-1241  
info@flip.or.jp

サイトマップ


Copyright ©2018 General Incorporated Association FLIP Consortium all rights reserved.

Top