本文へスキップ

サービス/製品一覧FLIP ROSE® ver.7シリーズ 使用許諾契約書

改定のお知らせ

以下の通り、 FLIP ROSE ver.7シリーズ「ソフトウェア使用許諾契約書」を改定致しました

平成29年9月1日 アカデミックディスカウント版の公費購入制度の導入に伴い、以下の記述を変更・追加しました。

6条(アカデミックディスカウント版)を追加


その他について、以下の記述を変更・追加しました。

第1条(定義)の内容を追加
第2条(使用権)の(5)を追加
第7条(サポートサービス)についての(1)を変更
使用許諾契約書の改定について、11条(変更)の(2)、(3)



ソフトウェア使用許諾契約書


 お客様と一般社団法人FLIPコンソーシアム(以下「当法人」といいます)は、本製品の使用に関し、次の通り契約します。

第1条(定義)  
本製品とは、このソフトウェアパッケージに在中のソフトウェアであるコンピュータ・プログラム、プロテクトキー及びその取扱説明のマニュアル、関連書類、インストールガイド、またはそれらの部分等、さらに将来において当法人が提供する関連アップデート等全てをいいます。

第2条(使用権)
(1)当法人はお客様に対し、本契約期間中本製品の譲渡不能、非独占的使用権を許諾します。
(2)お客様は、本契約による使用権等を第三者に譲渡したり、再使用を許諾することはできません。
(3)お客様は、本製品の全部又は一部を複製することは認められません。
(4)お客様は、いかなる理由があっても本製品を改変することはできません。
(5)お客様は、本製品の全部又は一部をリバース エンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすることはできません。
(6)お客様は、本製品を単一のコンピュータで使用することができます。ただし、LAN対応製品として当法人が提供した場合に限り、定められた使用数の範囲内のコンピュータで使用することができます。

第3条(有効期間)  
本契約は、お客様が本製品をコンピュータへ最初にインストールした時から、本契約の規定に従って解除される場合を除き、有効に存続するものとします。

第4条(契約の解除)
(1)当法人は、お客様が本契約に違反した場合、催告なしに直ちに本契約を終了させることができます。
(2)本契約が終了した場合、お客様は本製品を当法人に返却するかまたは、破棄するものとします。

第5条(料金および支払い)
(1)本製品についての使用許諾料金およびサポートサービス料金は、別途当法人様式の見積書または請求書にて定めるものとします。
(2)お客様は、本製品の使用許諾料金およびサポートサービス料金を、別途当法人様式の見積書または請求書にて定める方法により、お支払いいただくものとします。

第6条(アカデミックディスカウント版)
(1)アカデミックディスカウント版は、教育機関および公的研究機関において営利を目的としない研究、教育のために限定して購入および使用いただくことができます。商用に利用される環境での使用や対価を得る業務での使用はできません。
(2)アカデミックディスカウント版の購入時の初年度サポートサービス料は無料です。
(3)公費にてアカデミックディスカウント版の製品、サポートサービス等を支払う場合は、製品等が納品された日の原則として次月末日までに第5条に定めるとおり使用許諾料金をお支払いいただくものとします。なお、サポートサービス料、サポート再登録手数料は、サポートサービス会員専用サイトへのログインIDおよびパスワードを当法人からお知らせした日をもって納品日とします。
(4)公費にてアカデミックディスカウント版の購入およびサポートサービスの継続を申込む際は、教育機関および公的研究機関の教職員証、在籍証明書等の写しを当法人宛に提出していただきます。
(5)教育機関に所属している学生が、公費にてアカデミックディスカウント版の購入およびサポートサービスの継続を申し込む場合は、別途定める様式にて指導教員の署名、捺印が必要になります。
(6)アカデミックディスカウント版を購入された個人の方が教育・研究機関を卒業・退職された後、ご自身の所有するコンピュータにて製品を継続してご利用いただくことは可能ですが、アカデミックディスカウント版で購入された製品の使用は、本条に定める範囲内となり、会社所有のコンピュータにインストールおよび商用利用、対価を得る業務で使用される場合には、通常版の製品の購入が必要となります。

第7条(サポートサービス)
(1)本製品の使用権を有するお客様は、別途定める料金にて以下のサポートサービスが受けられます。サポートサービスは任意の申込みとしますが、本製品を新規購入時については、サポートサービスの申込みを必ずしていただきます。
  ・ウェブフォームによる質問応答サービス(回答を送付する電子メールアドレスを事前に登録していただきます)
  ※質問はFLIP ROSER本体(付属ソフトを除く)の一般的な利用方法に関するものに限り、個別の解析
   ケースに関するものは除きます。   
  ※サポートサービスの対象製品はFLIP販売プログラムの最新バージョンのみとします。
  ※回答は、14営業日内に順次行いますが、混雑状況等により回答に時間を要する場合がありますので、
   あらかじめご了承ください。
  ・FLIP使用法講習会への参加(原則1名とします)
(2)サポートサービスの期間は、毎年4月1日から翌年3月31日までとします。次年度の継続は、お客様からサポートサービス継続のご希望があり、当該年度の5月末日までに継続手続きを完了された場合にのみ更新いたします。なお、5月末日までに継続のお手続きをいただけなかった場合は、その後、継続を希望されましても再登録扱いとなり、サポートサービスの料金に加えて、別途定める再登録手数料が必要となります。
(3)サポートサービス期間内に契約を解除した場合、既に支払われた料金は返金しません。
(4)サポートサービスについては、当法人の都合により継続実施することができなくなった場合、中止することがあります。
(5)サポートサービスを受ける権利は、本契約の終了をもって消滅するものとします。

第8条(アップグレード)
(1)本製品には、機能追加の改善等の改訂が行われる場合があります。
(2) サポートサービスを受けているお客様には、バグ対応等に係るアップデート版、または、機能追加等に係るアップグレード版のプログラムを提供する場合があります。

第9条(責任の制限)
(1)当法人は、本製品の使用による計算結果について一切保証するものではありません。また本製品に関する一切の瑕疵担保責任を負いません。
(2)当法人は、本製品の使用によりお客様または第三者に発生した損害について一切の責任を負いません。
(3)当法人は、理由の如何によらず、本製品が使用出来ない状態になったことによりお客様または第三者に発生した損害についても一切の責任を負いません。

第10条(プロテクトキーの破損等)
(1)破損、故障により本製品のプロテクトキーが利用出来なくなった場合は、破損、故障したプロテクトキー現品と交換の上、有償で再発行を行います。但し、プロテクトキーの破損、故障等の原因が当法人側にある場合は、無償で再発行を行います。
(2)破損、紛失、盗難等の如何なる理由でもプロテクトキー現品の交換が不能となった場合においては、当法人は一切の補償およびプロテクトキーの再発行は行いません。

第11条(変更)
(1)当法人は、お客様の事前の許可及び事前の通知なしに、本製品の仕様の変更を行うことができます。
(2)当法人は、お客様の事前の許可及び事前の通知なしに、本契約書の内容を変更、追加、または、廃止等の改定を行うことができるものとします。なお、改定以降に本製品の使用を継続された場合、お客様は改定後の契約に同意したものとします。
(3)当法人は、本契約書の内容を変更した場合、当法人のウェブサイト(http://www.flip.or.jp)内において、変更後の本契約書および変更された条項の通知を公開するとともに、お客様に変更内容を電子メール、文書、または、その他の方法にて通知するものとします。

第12条(損害賠償及び裁判管轄)
(1)お客様が本契約のいずれかの条項に違反したために当法人が損害を受けた場合、お客様は当法人に対し損害賠償の責を負うことがあります。
(2)本契約に関する紛争の解決については、日本国の東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

以上


バナースペース

一般社団法人FLIPコンソーシアム

〒604-0844
京都府京都市中京区仲保利町185
時事通信社ビル5階

TEL 075-253-1240
FAX 075-253-1241
info@flip.or.jp